2012年02月06日

フライト中のアクシデント

大韓航空も大変でした。

86歳の韓国人のおばあちゃんがフライト中に倒れて意識不明に。
医者っぽい女性が中心になって心肺蘇生を1時間ほど試みたけど、帰らぬ人となりました…
家族も泣き崩れ、目に前で一つの命が消えたという事実が実感として受け入れられない感じでした。

遺体はそのまま最後部のスペース(機内食が保管されているところ)にブランケットに包まれて安置されていました。

成田を出発して2時間ほど経ったくらいだったので、手当中に成田に戻り始めましたが、死亡したということで再度方向転換してロスに向かいました。そんなものなんですね。

僕らのすぐ斜め前でおばあちゃんが亡くなったことの意味を考えてしまいます。
今回も色々なことがありそうな予感です。

by 田中正人
posted by Team Manager at 08:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 田中正人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは、かなり色々と考えさせられる出来事でしたね。ご冥福をお祈り申し上げます。

ぼくもつい先日、トルコからドイツへの機中、通路をはさんで隣に座っていたおばあさんが、食べ物をつまらせて騒動になりました。幸い冷静なCAが対応して、事なきを得ましたが、大変驚きました。

無事にパタゴニアへ到着されることを願ってます。

Posted by マー坊@鶴 at 2012年02月06日 10:01
お婆さまのご冥福を祈ります。
Posted by っちやゆきお at 2012年02月06日 10:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。